石川県白山市の日本料理店(和食)| 料理 蓮 -れん-

ごあいさつ

  • HOME »
  • ごあいさつ

ようこそ

蓮のホームページにお越し下さり
ありがとうございます。

 

蓮(れん)は平成20年(2008年)
石川県白山市(旧松任)に
開店した和食料理店です。

 

想い起こせば、今から10年前...

 

商店街から離れた松任駅の北口
当時は、のどかな田園が広がる
穏やかな場所でした。

 

この地にご縁を頂き
私の3つの願いが生まれました。
携わってきた日本料理を
味わって頂くこと

 

日本の食材、四季折々の素晴らしさ
能登や加賀、霊峰白山の恵みを感じて頂くこと
お客様と「和」の精神を共有し
「愛」「和み」の空間を設けること

 

落ち着いた雰囲気の中で
ゆっくりと気の合う仲間や
これからの門出

 

新たなご縁を繋ぐ場として

 

その中に蓮のお料理を選んで頂ければ
幸いでございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓮田 裕巳(ハスタ ヒロシ)

1974年生まれ、石川県白山市(旧松任)出身。

趣味は筋力トレーニング


生い立ち

旧松任市街の小さな呉服店の3代目として生まれました。高校時代はサッカーやアルバイトに明け暮れる毎日で、卒業後は家業を継がず、会社員となりました。

会社勤めの数年間には、営業に携わり多くのことを学びました。

料理の道へ

しかしながら、料理を作る仕事に携わりたいとの思いが心の奥底に潜んでいました。思い起こせば祖母の実家が料亭を営んでおり、小さな頃から、料理に触れる機会が多かったことから、私の中にも料理人の血が脈々と受け継がれていたのかも知れません。

24歳の時、一念発起し、6年勤めた会社を退社することとなり、遅ればせながら、料理の道を志すこととなりました。

山乃尾の思い出

親戚の紹介で、金沢 料亭旅館の「山乃尾」での住み込みの修行が始まりました。洗い物や仕込みなど、料理を作る上での基礎と心構えをがむしゃらに学びました。また、一つの料理が完成されるまでに、数えきれないほど多くの人の支えや気持ちが、そこに込められていることを教えていただきました。

金城樓の思い出

その後、叔父の紹介で金沢 料亭旅館「金城樓」の料理長と出会いがあり、そこで働く機会をいただきました。金城樓での2年間、多くの先輩方の料理やおもてなしに対する真摯な姿勢を学ぶと同時に、その背中を見ながら、自分自身の料理に対するアイデンティティのようなものが芽生えはじめてきました。

独立

転機は31歳の時に訪れました。父が脳梗塞で倒れたこともきっかけの一つだったかも知れません。

24歳からの7年間の修行に一旦、区切りをつけ、実家を改装し独立することにしました。

「自分のお店を持ち多くの人を喜ばせたい」開店初日の身が引き締まる思いは、今も鮮明に残っています。

挫折

しかしながら、独立から8ヵ月、ようやく自分のお店を持てたことを実感しつつ、仕入れから帰って来たある日こと、衝撃的な事実に直面しました。実家からの出火で、一晩で店と住まいがなくなってしまったのです。

その際、多くに迷惑をかけてしまいました。また、多くの人が私を励まし力になってくれました。

しかし、私は前を向いて歩くことができず、日々の生活費を稼ぐことで精一杯で、料理からも気持ちが離れた時期でもありました。頑張って前を向かなければという思いと悔やんでも悔やみ切れない後悔の念が、ぐるぐると交錯し、今だからこそ言えますが、自暴自棄になった瞬間が幾度となくありました。

再起

しかし、そんな状況の中でも、たくさんの人が私を支え続けてくれました。そして、時間の経過とともに、再び、全身全霊をかけ料理を作りたいという思いが沸々と込み上げて来ました。

34歳の11月に現在の場所で再起をはかることとなりました。

蓮の願い

思えば、人とのご縁が私の人生を導いてくれ、出会いによって育てられ、別れによって深められた感じがします。

そんな出会いの場を作り、料理を喜んでいただくことが、私の使命であり、ささやかな願いでもあります。

料理 蓮にできることは、小さく、限られたものですが、皆様の笑顔につながる料理を今日もコツコツと作り続けています。

これからも、料理 蓮 をどうぞよろしくお願い致します。

LINEで送る

PAGETOP
Copyright © 【公式】料理 蓮 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.